目黒駅周辺で生演奏で歌えるピアノバーをお探しなら是非お越しください。

目黒駅近くのピアノバー

イメージ

2020年09月25日 [弾き語り教室]

I Need To Be In Love

19曲目は「I Need To Be In Love 」です。邦題は「青春の輝き」1976年にカーペンターズが発表した楽曲、及びシングル。(見つめあう恋 A Kind of Hush)収録。作詞・作曲はリチャード・カーペンターとジョン・ベティスとアルバート・ハモンドです。日本では1995年テレビドラマ「未成年」のエンディングテーマで取り上げられてヒットしてます。

The hardest thing I’ve ever done Is keep believing
There’s someone in this crazy world for me
The way that people come and go Through temporary lives
My chance could come and I might never know
1番難しいことは信じ続けること
このおかしな世界に私を想ってくれる誰かがいると
人々がその場限りの人生で出会いと別れを繰り返す
私にチャンスが来ても ずっと気づかないかもしれない

I used to say “No promises Let’s keep it simple”
But freedom only helps you say good-bye
It took a while for me to learn That nothing comes for free
The price I’ve paid is high enough for me
私は言っていた「約束事はなし気軽な関係でいましょう」
でも自由はあなたに“さよなら”を言いやすくするだけ
気づくまで時間がかかった何もただでは得られないって
払った代償は高かった

I know I need to be in love
I know I’ve wasted too much time
I know I ask perfection of A quite imperfect world
And fool enough to think that’s what I’ll find
そうね 私は愛する必要があるの
そうね 私は時間がかかった
そう こんな不完全な世界に完璧を求めていた
そしてバカみたいにいつか見つけられるって思ってる

So here I am with pockets full of good intentions
But none of them will comfort me tonight
I’m wide awake at four a.m Without a friend in sight
Hanging on a hope but I’m alright
“良いお話” ならポケットいっぱいあるけれど
今夜の私を慰めてくれるものは1つもない
午前4時でもまだ起きていて近くに友達もいなくなっている
すがりつけるものは希望だけ でもきっと大丈夫

I know I need to be in love
I know I’ve wasted too much time
I know I ask perfection of
A quite imperfect world
And fool enough to think that’s what I’ll find
(×2)

*弾き語りはカーペンターズのようにやってみました。イントロが長めなので半分の4小節でも良いと思います、アルペジオ奏を入れられると良いですね。サビのBメロは弾き語り難しいので、コード弾きにして、しっかり歌っても良いと思います。
YouTubeを見てピアノ弾き語りチャレンジしてみてね!
youtubeのURL
https://www.youtube.com/watch?v=JW5Z4qL3bls

PageTop